クレジットカード現金化を自分で行う場合、どんな点に気を付ければいいの?

クセになるクレジットカード現金化しまくり!の閲覧ありがとう!本サイトはクレジットカード現金化についての情報が豊富なもので、クレジットカード現金化超ビギナーのご利用者様からよく知っているご利用者様まで充実した内容の内容になっているのです。 - クレジットカード現金化を自分で行う場合、どんな点に気を付ければいいの?

クセになるクレジットカード現金化しまくり!

クレジットカード現金化を自分で行う場合、どんな点に気を付ければいいの?

お金が足りないという時の手段として、クレジットカードの現金化があります。インターネットで検索してみても、様々な情報があるこの方法ですが、もし、これを業者に頼ることなく、自分で行ないたいとなった場合、どんな点に気を付けていけば効率良く現金化を行えるのでしょうか?

自分で行う場合は換金率が高くなる

自分で行う場合は、業者に頼る場合とは違い、やり方によっては非常に高い換金率とすることができます。さらに、業者を利用する場合には、業者に対して様々な手数料が発生する可能性があるわけですが、自分で行う場合には、戻ってきたお金がそのまま手に入るのです。

その反面自分で行う場合には、可能な限り換金率が高い商品を購入し、尚且つ高く買い取ってもらえるお店で売却すれば90%以上等と高い換金率とすることも夢ではありません。高い換金率となる商品としてよく知られているのは、商品券や新幹線の回数券ですが、これらは現金化として利用されやすいことから、クレジットカード会社でも厳しくチェックを行なっておりますので、リスクが大きすぎます。

リスクが少なく、高く売れやすい商品とは?

先ほどの商品券や新幹線の回数券等でも全く利用できないわけではありませんが、それよりももっとリスクが少ないとされているのが、ブランド物、ゲームのソフトやハード等です。さらにそれがすぐに売り切れとなるようなものなら、高く買い取ってもらえるお店で売るか、オークションに出品することによって、思いの外高く売れることが期待できます。

しかし、商品にも流行がありますので、需要が少ないと高く売れることも期待できません。流行のピークが過ぎないうちに売るというのも重要であり、さらに欲張って大量に購入してしまうとクレジットカード会社に気付かれる恐れがありますので、多用は禁物です。

注意点を理解し賢く利用していきましょう

ここまでクレジットカード現金化を自分で行う場合についてお話していきましたが、いかがでしたか?クレジットカード現金化は消費者金融でキャッシングする場合と比べ、効率良く現金を手にすることも可能です。

しかし、クレジットカード会社においてはそのような利用は認めていないということも頭に入れておく必要があります。その為、先ほども申し上げましたが、あまり多用するのは決して賢明とは言えませんので、利用は必要最小限に止めておくようにしてください。

クレジットカード現金化の固定観念を覆すTOPへ

Copyright(C)2016 www.jonbenet-ramsey.com All Rights Reserved.