クレジットカード現金化に違法性はあるの?法律的に大丈夫?

クセになるクレジットカード現金化しまくり!の閲覧ありがとう!本サイトはクレジットカード現金化についての情報が豊富なもので、クレジットカード現金化超ビギナーのご利用者様からよく知っているご利用者様まで充実した内容の内容になっているのです。 - クレジットカード現金化に違法性はあるの?法律的に大丈夫?

クセになるクレジットカード現金化しまくり!

クレジットカード現金化に違法性はあるの?法律的に大丈夫?

クレジットカード現金化は、クレジットカードのキャッシング枠の審査が不要でお金を借りることができる、手軽で便利なキャッシング方法と言っても過言ではありません。一方で度々耳にするのがクレジットカード現金化の違法性についてなのですが、クレジットカード現金化は果たして違法なことなのでしょうか。

クレジットカード現金化は違法ではない

先に結論を申し上げますと、クレジットカード現金化は違法ではありません。クレジットカード現金化を取り締まる法律はありませんし、利用者が現金化目的で商品を購入したのかどうかということは、カードで買物をした段階では判断ができないので、違法性はないと言えるのです。

ただしクレジットカード会社はクレジットカードの現金化を認めていませんし、クレジットカード現金化を利用した詐欺事件も全国的に多発しています。そのため、クレジットカード現金化は「ブラックではないものの、ブラックに近いグレー」と考えることができます。

クレジットカード現金化のリスクとは

クレジットカード現金化は審査不要でキャッシングができるというメリットが有る一方で、様々な危険性(リスク)があるので、利用の際には自己責任・自己判断で気をつけながら行う必要があります。クレジットカード現金化を行う上で、気をつけるべき具体的なポイントとしては、クレジットカード会社にバレないようにすること、そして悪徳業者に騙されないようにすることの2点が挙げられます。

クレジットカード会社に現金化がバレてしまうと、カードの利用停止措置などがとられることがあるので、同一商品を何度もまとめ買いするようなことは避けることをおすすめします。また悪徳業者にだまされないためには利用しようとする業者について、事前に入念なリサーチを行うことをおすすめします。

まとめ

クレジットカード現金化に違法性はありませんし、手軽に現金化ができるので、非常になどには非常に役立ちます。
しかし一方でクレジットカード現金化には様々なリスクがあるので、よく考えて利用することが大切です。

クレジットカード現金化の固定観念を覆すTOPへ

Copyright(C)2016 www.jonbenet-ramsey.com All Rights Reserved.