クセになるクレジットカード現金化しまくり!

クセになるクレジットカード現金化しまくり!の閲覧ありがとう!本サイトはクレジットカード現金化についての情報が豊富なもので、クレジットカード現金化超ビギナーのご利用者様からよく知っているご利用者様まで充実した内容の内容になっているのです。 - クレジットカード現金化で犯罪の被害にあう?

クセになるクレジットカード現金化しまくり!

クレジットカード現金化で犯罪の被害にあう?

クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者もおり、そのような業者は闇金業者とも裏のつながりがあり、利用者を様々な手を使って金銭的・精神的に支配しようとしてきます。そのような被害に合わないために対策を取る必要があります。

クレジットカード現金化で恐喝された場合

現金化業者の中には残念ながら悪徳業者は少なからずおり、そのような業者は利用者を自分の意のままに操ろうとしてきます。実際にあった例としては、利用者が悪徳業者のホームページで現金化の際の申請フォーム記入欄で、個人情報を徹底的に記入させると言う例がかなり被害として報告されています。申し込みフォームにクレジットカードの暗証番号や有効期限、セキュリティーコードや家族の名前と連絡先などを記入しなければならない業者は注意が必要です。

必要以上の個人情報を申請フォームに記入してしまった場合

大事な個人情報を悪徳業者に漏らしてしまった場合、クレジットカード現金化サービス自体は遅延なく行われます。
対応は丁寧でしょうし、現金も全く問題なく受け取ることができるでしょう、しかしその後しばらくすると、自分は利用していないサービスの請求書が届いたり、闇金や再び現金化のサービスを促すようなダイレクトメールや電話がひっきりなしに来る例があります。悪徳業者に個人情報を漏らしてしまった場合は、プライバシーポリシーなどは守られず他の悪徳業者に個人情報を転売されます。

被害を受けた場合はどのような対応をとればいいのか

実際に被害を受けてしまった場合には、犯罪行為なので警察に相談しましょう。しかし、警察に報告するためには、証拠がなければ犯罪として認めてもらえませんので、泣き寝入りしないために取れる証拠はしっかり取りましょう。

金融庁では被害者がとるべき対策として
・業者から電話がかかってきた場合には、録音をしっかり行う。
・ダイレクトメールを削除せずに保管しておく

などの対応をとるように促していますので、このような証拠をしっかりと集めて、警察に届けましょう。これらの証拠を集めておけば、もし裁判になったという場合でも安心して法廷に立てます。

業者をしっかりと見極めてから個人情報を記入しよう

優良な業者であれば申請フォームに必要以上の個人情報を記入させようとしませんし、しつこくダイレクトメールを送ってくるということもありません。大切なのはちゃんとしている業者を自分の目で見極めることで、信頼できる業者だと思った後にサービスを利用しましょう。

そのためには業者のホームページをしっかりとチェックすることが大切です。何かホームページや申請フォームに不審なところがないか、店舗を持っている業者の場合も渡された用紙におかしなところがないかを確認した上で利用しましょう。

クレジットカード現金化は自分でやらない方が良い?

クレジットカード現金化は自分でもできるものの、実際のところ自分でやってしまうのは危険なのではないか、うまくいかないのではないかとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。実際のところどうなのか、ご解説致します。

クレジットカード現金化は自分でやると手間がかかる

まず一つ言えるのが、クレジットカード現金化は自分でやるとなると手間がかかります。その点から考えると、クレジットカード現金化は自分でやるのではなく業者に任せてしまった方が手っ取り早くて良いと考えられるでしょう。業者であれば即日で5分もあれば入金可能なんていうところもたくさんありますから、とにかくスピードを求めるという事であれば、自分ではなく業者に依頼をする事を基本的にはお勧めします。ただし、自分で上手に現金化するよりも業者で現金化した方が手元に残るお金は少ない場合があります。なので金額重視の場合には、自分で手間をかけてでもやった方が良いという事も言えるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化を自分でやるとカードトラブルのリスクあり

クレジットカード現金化を自分でやるとなると、不慣れな方の場合にはカードトラブルのリスクがあります。例えば同じ商品をいくつも同時に買うなんていう怪しい行動をしてしまうと、現金化をカード会社に疑われ最悪の場合利用停止などの処分を受けるでしょう。しかし業者であれば、きちんとしたところを選べばそういったカードトラブルの不安は不慣れな人が自分で闇雲にやってしまうよりは少なくなると言えるのではないでしょうか。なので自信がない方、クレジットカード現金化が始めての方などはできれば業者をご利用ください。

自分でやるよりも業者の方が良いケース

上手にできる方、経験豊富な方は自分でクレジットカード現金化をしても問題はないでしょう。しかし、不慣れな方であったり、手間をかけずにスピードを重視するという方は業者にクレジットカード現金化をしてもらった方が良いという事が言えます。

クレジットカード現金化は消費者金融より高いのは嘘?!クレジットカード現金化の固定観念を覆す

クレジットカード現金化というと、借入コストが高いと言った固定観念を多くの方がお持ちかと思います。その固定観念は一体誰に植え付けられたのでしょうか。固定観念を覆すべく、消費者金融とクレジットカード現金化について比較していきます。

先ず、解りやすいようにクレジットカード現金化を100万円利用した時を例にして考えていきます。

クレジット現金化は85%が換金率(手数料コミ)が業界水準とされているので、85万円が振り込まれます。

この商品購入代金100万円を一括払いで選択すると、翌月には100万円の請求が来ますので、実質金利は1ヶ月で15%、年率に直すと、15%×12ヶ月=180%ですから、消費者金融よりバカ高いという事が出来ます。

ではクレジットカード現金化100万円の商品を買う際に分割払い(分割手数料はクレジットカード会社によって様々ですが、今回は分割手数料の安い流通大手カードの分割手数料12.5%で計算)を選択して、12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月、120ヶ月で返済する場合と、消費者金融(金利18%)から85万円を借りて、12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月、120ヶ月で返済する場合の総支払額を計算してみましょう(わかりやすいように、両方とも元利均等返済方式を採用)。

クレジットカード現金化の総支払額(分割手数料12.5%)

12ヶ月1,068,996円
24ヶ月1,135,368円
60ヶ月1,349,880円
120ヶ月1,756,560円

消費者金融から85万円借り入れた時の総支払額(金利18%)

12ヶ月935,136円
24ヶ月1,018,440円
60ヶ月1,295,040円
120ヶ月1,837,920円

60ヶ月であんまり変わらなくなり120ヶ月では消費者金融の方が高いといった逆転現象が発生します。固定観念が少し覆されたのでは無いでしょうか。

ここで5年も10年も借入をしないという反論をする人がいるかも知れません。指定信用情報機関のCICが纏めた情報によると、初めて借入をした顧客が完済までにかかる期間の平均値は5年間とされています。1ヶ月で返す人も居るので殆どの人が5年以上、10年近くの返済をしているますので、クレジットカード現金化の方が高コストといった固定観念は捨てた方が良いでしょう。
クレジットカード現金化は上記よりリピーターになれば更に換金率が良くなったり(88?89%迄良くなる)、カードのポイントがついたりします。実質的価値としてはもっと早く消費者金融との差が逆転して覆りますので、なんとなくの固定観念は持ち続けない事をお勧めします。

地方に住んでいる人必見!クセになるクレジットカード現金化しまくり!

クレジットカード現金化の便利さに魅せられてクレジットカード現金化しまくりの本年でした。

今年は年の初めから急にお金が必要になるトラブルばかりに見舞われました。1時間以内にお金が欲しい時に思い浮かべる借入先は銀行か消費者金融、皆さんどちらになるでしょうか。実は実際に体験すればわかりますが、1時間以内にお金が欲しい時はこのどちらも遅すぎてお話になりません。

銀行は昔から遅かったですが、最近は消費者金融も人がいる店舗を無くし、キャッシングカードというお洒落だけど使えない物を導入しましたので融資実行までクソ遅いです。審査を上手く30分以内に終わらせても、その後契約書をアップロードして、写りがどうこうやったり、収入証明書を用意してくれと言われたり、信用情報機関の情報をチェックしたりで時間がかかり、それらが終わったら無人契約機の元に訪れてキャッシングカードを作ったりしなくてはいけません。

無人契約機の無い地方に住んでいる人が1時間でお金を手にできる事はほぼ不可能で、即日現金を手にする事すら危ういというのが現在の消費者金融の実力です。その点、クレジットカード現金化は家にいながらにしてパソコンで申込をして本人確認証を写メで撮ってメールで送り、ネットで業者のホームページで注文、振込完了という30分もあれば事足りるスピードがあります。1歩も外に出ずに30分で融資実行、これならクレジットカード現金化はまりまくりのしまくりにもなります。

クレジットカード現金化しまくりの理由は早さだけではありません。ネット銀行の口座を持っていれば深夜でも振込オーケーになりますし、クレジットカードの機能を自動リボ払い設定にしていれば消費者金融とコストはそんなに変わりません。便利で審査もなく、コストも変わらないこれならクレジットカード現金化しまくりになるのは当たり前かと思います。

地方の田舎にお住いの人、お金に困ったら是非クレジットカード現金化を試してみてください。僕と同じでクレジットカード現金化の魅力に囚われ、クレジットカード現金化しまくりの生活になる事間違いなしです。

お金の固定概念を覆すクレジットカード現金化の底力!

現金が必要な時どうやって資金調達をしていますか?考えられる方法として、
・金融機関からの借り入れ
・クレジットカードのキャッシング
・友人や親戚からの借り入れ
などが定番ですよね。これらの方法は貸金業法に則った債務であり借金という事になります。現金がどうしても必要なら借金をして工面するのは当然の流れですが、どうしても借金だけはしたくないという方も一定数います。

借金と言えば返済が滞るとブラックリスト化したり、催促の電話がかかってきたりと良いイメージが無いのでそう思ってしまうのも仕方ない事でもありますね。実は借金をせずに資金調達する、そんな都合の良い話はクレジットカード現金化で実現するのです。

クレジットカードのもう一つの機能としてショッピング枠があり現金化にはこれを用いります。ショッピング枠現金化がなぜ借金に該当しないかと言うと、ショッピング枠を使ったお買い物は割賦販売法の範囲内とされ貸金業法の対象外となるからです。

つまりお金を借りて買い物をするキャッシングとは異なり、買い物をした後にその代金を後払いするっていうだけなので借金にはならないという訳です。何だかお金の固定概念を覆すような話ですよね。しかも貸金業法に該当しないので総量規制の対象外となりクレジットカードさえあれば年収に関係なく必要な金額を現金化出来るのも大きなメリットと言えるでしょう。

クレジットカード現金化しまくり!?クセになるとの口コミ多数!

一般的な金融機関を利用した方ならご存知だと思いますが借入には審査申し込み手続きが必要になります。金融機関側が希望者を審査し特に問題が無ければ入金されるというシステムで、言葉にすると簡単ですが入金まで時間が掛かります。近年のオンライン化で振り込みまでの時間を大幅に短縮したお店も多くなりましたが、それでも約数日~1週間かかるケースがほとんどです。

現金が今すぐ必要な人にとって大きな負担となっていましたが、このタイムラグを解決したのがクレジットカード現金化です。現金化はカード決済を業者が確認した後すぐ振り込まれるのでスムーズに現金が手に入ります。業者によって差がありますが現金化の優良店だと最短5分、当日中には入金を確認出来ます。

様々なプランが揃えられ少し還元率は下がるけど当日中に入金される即日プラン、振り込みまで時間はかかるけどその分高換金率にするプランなど自分の目的にあったものを利用者は選ぶことが出来ます。この便利さからクセになる!現金化しまくり!などの声が多く寄せられ年齢性別を問わずリピート率の高いサービスとなっています。

クレジットカード現金化しまくっている人の口コミ

梨子さん
翌日に急に好きな人とデートをすることになりました。学生なのでお金がないのでどうしようと考えていたら、クレジットカードの現金化なら学生でも利用できることを知りました。すぐに業者にメールを送ってみると、対応できる返事をもらえたので手続きをして現金化ができました。

龍介さん
中小企業の正社員として10年働いているのですが、このご時世給料なんて上がりません。上司が退職するということで送別会とプレゼントを用意する話になったのですが、そのお金がないのでどうしようと考えていました。するとクレジットカードの現金化なら現金が手にできることが分かったので、さっそく利用しました。

瑤子さん
私は27歳で契約社員として働いている女です。恥ずかしいのですが、お金がなくなると家にある洋服やアクセサリーを質屋に売っていました。そうするともったいないことに気づいたので、クレジットカードの現金化を利用するようにしました。クレジットカードの現金化なら、そこまで換金率が低くないので損はしませんね。

サイトマップ

Copyright(C)2016 www.jonbenet-ramsey.com All Rights Reserved.